スタッフブログ

【PC周辺機器を売たい!】HDDとHSSについてご紹介!

2022年4月6日

皆さん、こんにちは。
おまかせネコの手 法人担当の那須です。

今回はHDDとSSD、それぞれのメリット/デメリットのお話しをしたいと思います。

▶︎▶︎前回のブログ『【パソコンを売りたい方必見】外付けHDDも査定します!』はこちらから◀︎◀︎

HDDとSSDの違いとは?

HDDについて

前回ブログのおさらいになりますが、HDDとはハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)の略で、画像や動画、オフィスソフトのデータなどのあらゆるプログラムを保存し読み書きする記憶装置です。

HDD

HDDの構造は、中にデータを記録する「プラッタ」と呼ばれる磁性体が塗られた円盤が複数入っており、磁気ヘッドで書き込み・読み出しをする仕組みになっています。

プラッタは高速で回転しているので、回転中に大きな衝撃が加わるとプラッタとヘッドが接触するなどして、破損やデータ消失などの動作不良の原因となることがあります。

SSDについて

SSDとはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、ハードディスクと同じく記憶装置なのですが、半導体素子メモリを使用したドライブ(記憶媒体)のことを指します。

SSD

大量のデータを保管しておく媒体としては長年HDDが使われてきましたが、近年SSDの容量も大きくなってきたこともありSSDの方が主流になりつつあります。

SSDとHDDの用途/使用方法は全く同じですが、それぞれに以下のような利点弱点があります。

HDD/SSDのメリットとデメリット

HDD

メリット

SSDよりも1つのドライブで保存できるデータ量が大きく「容量単価」が安価。
価格面でHDDの方がお安く購入できるといったメリットがあります。

デメリット

構造上、外部からの衝撃に弱く消費電力も比較的大きい

SSD

メリット

SSDの最大のメリットは読み書きの速度が非常に速いといった部分です。
衝撃にも強く、発熱や消費電力も少なく作動音がないといった特徴があります。
また、HDDよりサイズがコンパクトで軽くPCの小型化に寄与しています。

デメリット

HDDと比較すると容量が少なく容量単価としての価格は高いです。
突然故障してデータの読み出しができなくなることがあり、HDDのようなデータの救出が困難です

SSDはノートPCに適していて、ここ最近のPCではSSDが多く採用されています。
消費電力が少ない分、パソコンのバッテリーの持ちがよく、さらに発熱も少なくて済みます。

おまかせネコの手

こうして比較するとデータの保存場所としての使用用途は同じですが、構造特長などに大きな違いがあります。
それぞれの特長を理解した上で目的に合ったものを購入するのが良いですね!

パソコン/周辺機器の事ならeラボワールドへ

弊社グループ会社では、パソコンに特化し販売から買取、ゲーミングpcのカスタムなどパソコンのトータルサポートができるeラボワールドも運営しております。

パソコンの事でお悩みの際はぜひ一度お問い合わせください。

▶︎▶︎eラボワールドのホームページはこちらから◀︎◀︎

その他パソコンの周辺機器や、オフィスで使用していた機械など幅広く査定させていただきます。
いらないと感じたらまず初めにおまかせネコの手へご相談ください!

☆【簡単♪LINE査定も承ります!】

ネコの手のLINE査定!

プロの査定員が1点1点丁寧に査定し、お値段が付くものはその場で現金買取いたします。
大型商品の当日引き下げもご相談ください!
※状態や型式によっては買取いたしかねる場合もございますのでご了承ください。

\実際の買取事例はこちらから/

オフィスおまかせネコの手が札幌で選ばれる理由

即日対応見積無料 他社見積り金額、ご相談ください 電話:0120-775-784 お問い合わせはこちらから

即日対応見積無料 他社見積り金額、ご相談ください 電話:0120-775-784 お問い合わせはこちらから

産業廃棄物収集運搬許可番号 第00100186139号/古物許可番号 第101020001914/遺品整理士資格取得者在籍

ページTOPへ